こころ

January 27, 2013

「いのち」について考える公開シンポジウム

昨日、渡邉海旭先生校長就任百周年記念事業の一環として母校で開かれた「いのち」について考える公開シンポジウムに参加した。
副題は―第1回仏教の視点から―である。

母校は増上寺を大本山とする浄土宗系列の学校である。だから、卒業生に僧侶が大変多い。現在は浄土宗の寺社の子弟だけでなく、いろいろな宗派の子弟が卒業生の中にいるようになった。
今回のシンポジウムの基調講演は浄土宗大本山増上寺法主、八木季生 大僧正台下である。
いのちについての講話の中で、「いのち」は「いのち」からしか生まれない。地球上に最初のいのちが生まれたのは、大宇宙そのものが生命体であるからだ。という話は、中学生の時から当時の校長松本徳明先生が朝礼のたびに話していた「天地宇宙一切のものは、・・・」という話に直結し、スーと心の中に入っていった。「三つ子の魂100までも」である。

基調講演の後パネルディスカッションがあり、母校の卒業生、元教員の僧侶がいのちについて話をされた。
コーディネーターは、前副校長 曹洞宗西隆寺住職 遠藤弘佳氏
パネラーは、元教諭 浄土宗妙定院住職 小林正道氏、
卒業生 法相宗大本山薬師寺執事 大谷徹奘氏、
元講師 浄土宗龍原寺副住職 宮坂直樹氏
卒業生 浄土真宗本願寺派安楽寺住職 藤澤克己氏 
という方々である。
仏教という立場から「いのち」についてそれぞれのご意見を話されたが、特に印象に残った話は、「死の原因は生まれたことにある」だからどう死ぬかというのはさほど問題ではない。しかし、「理不尽な別れ(死)」というものがある。それは、「さようなら」ということを言えなかった別れ(死)である。これは、大変新鮮に思えた。
また、何時死ぬか分からないので、「さようなら」という言葉は別れるときに必ず言う。
食事のときにも物を詰まらせて死ぬかもしれない。また、寝るときにも目が覚めずに死ぬかもしれない。だから、食事のときも、寝るときもお題目を唱えるという。

これは、僧侶だからお題目であって、我々もそのとき、そのときをこれが最後になるかもしれないという覚悟を持って、日常を過ごすことが「いのち」を見つめることだと気付かされた。

また、薬師寺第百二十四世管主高田好胤氏の弟子である大谷徹奘氏が、故高田好胤氏と戦没者慰霊で各地の戦跡を法要して回ったとき、「自分のようなちゃらい(拙い)お経では死者が成仏できないことは分かっている。しかし、自分にはお経をあげることしか出来ない」といつもしぼりだすように言っていたという話しを聞いた。
あれだけの修行を積み、心から戦没者を慰霊していても死者の霊(いのち)をまだまだ慰められないと自分を厳しく叱る姿勢には心を打たれる。

その他、自死についての考え方や、一昨年の東北を襲った大災害の被災者への訪問のことなど、たくさんの「いのち」に関するお話があったが、それはまたの機会に書くことにする。

時々は立ち止まって、普段あまりつきつめて考えない重いテーマについて思考の限りを尽くして掘り下げるのも重要な気がする。


cpiblog00620 at 15:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

February 02, 2011

「寄付」について考える

山口県下関市の大平学園という児童養護施設に40年間に亘って「三太郎」という名前以外は不明の人物が毎月寄付と手紙を送り続けたというニュースを聞いた。
とにかく驚いたのは、その年月である。480回に亘るその長さに頭が下がった。初めは300円からの寄付であったという。6月と12月には少し多くの寄付が送られたという。
これらを考えると社会人になったばかりの若い人が、自分に出来る範囲で社会に何か貢献したい、または恩返しがしたいという気持ちがあったのだろうか。それも一時的な感情ではなく強い意志と固い決意で。

それから40年、480回もの寄付を続けた。そして総額百数十万円になったという。途中で施設の応援旗を作ったり、植樹をしたりして寄付を有効に使わせてもらったという。
新聞で感謝を伝えたり、感謝状を作って名乗り出てくるのを待ったりしたが、とうとう「三太郎」さんは現れず、480回目にこれで最後にしますという手紙を添えて寄付が終わったという。
ちょうど定年を迎えたのかもしれない。新入社員のときに始まった寄付が定年退職で終わったのかもしれない。
とても潔い引き際だと思った。そして何よりも感動したのは、最後の手紙に施設の子供たちに向けて感謝の言葉が添えられていたことだ。寄付を続けられたのも施設の子供たちが拙い手紙を読んでくれているからだったという。励ますつもりが逆に励まされたという。

最近「伊達直人」を名乗る人物が全国で寄付や贈り物をしている。どうか僅かずつでも継続をして欲しいと思う。寄付は大変崇高な行為だと思っている。英雄になるのではなく、気持ちが通じ合える関係を継続してもらいたいと願っている。
誤解しないでいただきたいが、「伊達直人」さんの行為は大変立派であり、賞賛に値すると思っている。だから、あえて継続を願いたいのだ。
継続は力であり、信頼であり、愛でもある。自分に出来る範囲の中で継続することが尊いのだと思っている。これはお金や物だけではない。労働も然りである。ボランティアなどは正しく労働の「寄付」である。

私もボランティアとして、ある団体の幹事長を31年間続けているが、最近はもうそろそろ代わって欲しいと愚痴が出だした。「三太郎」さんは40年、黙々と手紙を添えて寄付を続け、感謝の気持ちを残して潔よく引いていった。

愚痴が出るようではまだまだだ。もう少し頑張るか。


cpiblog00620 at 21:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

June 18, 2009

「見える」という事について考える

米テキサス州フォートワースで開かれた「第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で日本人初の優勝を果たした全盲のピアニスト、辻井伸行さん(20)の快挙に日本中が沸きかえったのは先日のことである。
受賞後のインタビューで、もし目が見えたら何を見たいですか? という質問に「両親の顔も見たいし、海や空なども見てみたい。しかし、今は心の目で見ていますので、満足しています。」という答えが返ってきた。

全盲で最難関といわれる国際ピアノ・コンクールに優勝することは至難の業である。その努力たるや凡人の能力を遥かに超えている。
しかし、私はふと思った。目が見えないということは、ハンディーなのだろうか?ピアノを弾くためにはハンディーとなるのだろうか?という疑問が湧いてきた。
確かに音符を見たり、鍵盤を弾いたりするには不便かもしれない。耳から入る音を出すためには不便かもしれない。だが、彼は幸いにも(?)目が見えない。心に沁みこませる音を出そうとしている人に音符や鍵盤を見る必要があるのだろうかと思ってしまう。

私たちは目でものを見る習慣に慣れてしまっている。目で見たものを脳へ伝える。辻井さんは目でものが見えない。しかし、脳は何か判断基準を求めて目に変わるものを発展させる。そうしなければ判断が出来ず、脳が停止してしまう。辻井さんが「心の目で見ていますので、今は満足です。」と言った言葉にうそはないと思う。
辻井さんは実は見えているのだ。

形あるものではなく、その物の本質を見ているのだ。姿かたちから入ってくる目の情報ではなく、心や空気、息遣い、言葉や足音から本質を見ているのだと感じた。耳や鼻、手や足から実は私たちよりも物が見えているのだ。

障害者というのは、私たちが勝手に思っていることである。見えるという障害も実はあるのだと思う。目で見た情報で惑わされ、本質が見えづらくなっている我々が実は障害者なのかもしれない。


cpiblog00620 at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 17, 2008

「戦陣訓」について考える

久しぶりに「戦陣訓」(せんじんくん)を熟読した。
戦陣訓は、1941年1月に当時の陸軍大臣・東條英機が示達した訓令(陸訓一号)で、軍人としてとるべき行動規範を示した文書である。
戦陣訓については、その中の「本訓 其の二 第八 名を惜しむ」が軍人、民間人の多量な無駄な討ち死に、自殺を誘発したのではないかと議論になっているが、ここだけを取り上げて議論するのは如何なものかと思う。

佐賀の「葉隠れ」にある「武士道とは死ぬことと見つけたり」の一説とよく似ている。前後の文章をしっかり把握しないとあらぬ解釈に陥ってしまう。ここでは「葉隠れ」についての意見は差し控えるが、戦陣訓は軍の規範を示した今でも十分通用する規範集であると思う。
特に政治家、役人また団体役員には熟読玩味(じゅくどくがんみ)、実践躬行(じっせんきゅうこう)を促したい。

例えば、本訓其の二第五「卒先躬行」
 幹部は熱誠(ねっせい)以て百行(ひゃくこう)の範たるべし。上(かみ)正からざれば下(しも)必ず紊(みだ)る。戦陣は実行を尚(とうと)ぶ。躬(み)を以て衆に先んじ毅然として行うべし。

本訓其の二第六「責任」
 任務は神聖なり。責任は極めて重し。一業一務忽(ゆるが)せにせず、心魂を傾注して一切の手段を盡(つ)くし、之が達成に遺憾(いかん)なきを期すべし。責任を重んずる者、是真に戦場に於ける最大の勇者なり。

本訓其の二第十「清廉潔白」
 清廉潔白は武人気節の由てて立つ所なり。己に克つこと能(あた)はずして物欲に捉(とら)はるる者、争(いか)でか皇国に身命を捧ぐるを得ん。身を持するに冷厳なれ。事に処するに公正なれ、行ひて府(ふ)仰天地(ぎょうてんち)に愧じざるべし。

まだまだ本訓其の一には「団結」、「協同」、「必勝の信念」、本訓其の三にも「戦陣の戒」「戦陣の嗜」など今の状況に言葉を置き換えれば十分というか新鮮な響きを持って受け入れられる規範が多い。
もちろんこれが出来た昭和16年は戦争という異常事態である。言葉に過激な表現があるのは止むを得ないが、そこだけを取り出して議論するのは愚である。
時代背景を理解し、全体の文章を熟読すると今に蘇る素晴らしい行動規範集であることが分かる。
まだ読んだことがない方は是非お読みすることをお勧めします。

最後に議論となっている本訓其の二第八「名を惜しむ」の本文は以下である。この文章も戦陣訓全体を読まなくては正しい理解は出来ないのであるが・・・。

「恥を知るものは強し。常に郷当家門(きょうとうかもん)の面目を思い、愈愈(いよいよ)奮励して其の期待に答ふべし。
生きて虜囚の辱を受けず、死して罪過の汚名を残すこと勿(なか)れ」

*戦陣訓本文は原文の漢字、仮名遣いを引用しています。


cpiblog00620 at 16:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 20, 2007

「覚悟」について考える

前回のブログで覚悟という言葉を使った後、5年前の夏を思い出した。残暑が厳しい9月4日のことである。今でも鮮明に覚えている。このときは思わず近くのベンチで一気に感情を手帳に書きとめたからだ。

この日は乃木坂で打ち合わせがあり、思いのほか早く終わったので、次の打ち合わせまで1時間くらい時間が空いた。そこで近くの乃木神社にお参りに行った。久しぶりであった。いつもは神社にお参りしてそのまま帰るのであるが、この日は時間があったので、神社の境内をぶらぶらした。朝顔の鉢がたくさん並んでいるその隣に資料館があり何気なく入った。入場無料と書いてあったからである。資料館といっても狭い部屋である。

陸軍大将乃木希典と静子夫人の資料が展示してある。クーラーが効いていたので、ほっとしていろいろ資料を見てまわった。よくある歴史上の人物の資料展示である。しかし、あるところで釘付けになってしまった。大正元年9月13日、殉死をする日の朝に撮ったという写真の前である。明治天皇崩御の後、大葬の日の朝である。乃木大将64歳、静子夫人54歳である。
その写真に写っている二人はとても落ち着いていた。乃木大将は居間の椅子に座って新聞を読んでいる。静子夫人は後ろに立ってこちらを向いている。何事もない普通の朝の風景である。違うのは二人とも正装であるということだ。
乃木大将の求めに応じて執事が撮ったという。この写真からは覚悟を決めた後の清清しさを感じる。全く自然の姿である。
もう一枚は乃木大将が正装で立っている写真である。これも堂々として少しも臆するところが無い。

死の朝、これほどまでに自然でいられるだろうか? 覚悟の深さがその写真から伝わってくる。私は「心の中へ・・・冒険の旅」という本の中で自殺を考えている子ども達に自殺は弱い人のすることだ。逃げている人達のすることだ。と、言ってきた。もちろん今でもその気持ちに変わりはないが、二人の覚悟を目の前にすると、あなた達は弱い人間だと簡単には言葉に出せない。薄っぺらな自殺否定論など吹き飛ばされてしまう。「どうだ、私達の殉死に何か言うことがあるか」と見つめられてしまうと足が竦んでしまう。

遺書も読んだ。遺書を書いていた時には、乃木大将は1人で死ぬつもりであったらしい。自分の死後、静子夫人のことを心配していろいろと書いてある。しかし、二人は9月13日殉死している。
この夫婦はいつから覚悟を決めたのだろうか? 乃木大将は軍旗喪失の西南戦争後からいつ死ぬかを探していたようだと何かの本で読んだことがある。しかし、静子夫人はいつからだろう? 突然その日に覚悟を決めたのではないだろう。
明治天皇が崩御した後、夫が殉死するだろうと予期していたに違いない。だが、それを表に出さず乃木大将から当日打ち明けられた時、この時だ、と覚悟したに違いない。この日の朝、二人はどんな気持ちであったろう。
覚悟をしながら生きていくというのは大変難しいものだ。時間が経つにしたがってどうしても心が揺らいでしまうものだ。ところがどうだ、この二人の覚悟には。鳥肌が立ってしまった。そして、この夫婦の覚悟の前には何も言えなくなった。
私がこの夫婦以上の覚悟を持って自殺を止める勇気を持つまでは。 とても大きな宿題をもらった。そして「覚悟」も無く言うことの薄っぺらさを1枚の写真から思い知らされた。
あれから5年、大きな宿題を背負ったままである。


cpiblog00620 at 21:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

August 03, 2006

「幸福」について考える

7月30日の新聞で「1位デンマーク…日本は90位」という見出しを見つけた。
何のことかと思って記事を読むと「国民の幸福度」だという。日本国民が世界で90位の幸福度? え!という思いだ。

イギリスのレスター大学の社会心理学分析の研究者が、同国のシンクタンクのデータを基にした独自の計算で幸福度を順位付けして「世界幸福地図」を発表したというのだ。対象は178カ国。その国の基礎データや約8万人に聞き取り調査した国際機関の発表済みの100以上の報告書を分析してランク付けしたというのだ。

2位はスイス、3位がオーストリア、アメリカは23位、中国は82位、最下位はアフリカのブルンジだという。そして、[氷イ雰鮃管理 高い国内総生産(GDP) 6軌蕕鮗ける機会 し粉僂侶歃囘美しさ ス駝韻龍い同一性の条件が整った国の国民は「幸せ」と回答する傾向が強いことがわかったと伝えている。

まあ何と暇な人たちがいるものだとあきれ返ってしまった。大学から禄を食み、ぶらぶらしているわけにもいかないということで調査したのでもないだろうが、ここの研究者は大きなお世話をしているとしか思えない。
自国民の地域毎の「幸福地図」を作成して政治や経済に反映させるということであれば、わからないでもない。だが、他国民も巻き込んで、それもたった8万人の聞き取り調査というのはお粗末過ぎる。178カ国で割ると平均1国450人足らずである。日本で当てはめると1県で10人もいない。そんなことで幸福度が測れるか!

いやいや目くじらを立てて記事に噛みつくほどのことでもないだろうと思いなおした。どうせお遊びでの事だ「おもしろいね」でいいかもしれない。

この条件が整えばどこから見ても「幸福」だという「絶対的な幸福」というのはありえない。裕福であっても、地位や権力が有っても、幸福だと思えない人もいる。貧しくても、健康を害していても幸せだと感じる人もいる。
他者から見て幸せそうでも実は…ということはどこにでもある。厳しい現実の中で、幸せに暮らしている人たちも多い。
「幸福」は自分の心が決めるものであって、他者から押し付けられるものではない。そんなことは皆百も承知なはずである。

それでも何かに後押しされたい、確認したいという不安な心が芽生えるので、占いや今流行の霊感、宗教に流れて行ってしまうのだろう。

「自分の心」以上に強いものは無い。
「自分の心」が幸せだと思えばどんな状況にいても「幸せ」なのだ。「不幸」だと思えばいくらお金があっても、権力があってもそれは「不幸」になってしまう。

こんな海外のいんちき「世界幸福地図」に惑わされず、私は世界で1番幸せな国にいると信じている。


cpiblog00620 at 11:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 24, 2005

続心力舎の名前について考える

心力舎の名前についての続編です。

どんな物にも力があります。しかし、その力を正しく使えるかどうかでその人、その企業、その団体の価値が決まります。
財力は一番分かりやすいでしょう。お金をどのように使うかです?
自ら蓄えたお金ですから、自分や家族の楽しみ、趣向のために使うことは一向に構わないと思います。しかし、そういう使い方だけで終わってしまうのか? それともいわゆる人のため、社会のためなどに持てる財力の一部を使うのか? これらによって個人や企業、団体の社会的評価が大きく変わることがあります。(人のためと言って親切を押し付ける人もいますが)
体力や知力もそうでしょう。恵まれた体力を正義に使うか暴力に使うかでは大きな差が生まれます。
知力などは社会のために生かすか、犯罪に活用するかで天と地ほどの開きが生まれるでしょう。
このようにいろいろな物に存在する力をどう活かすか? どう使っていくか? 難しいですね。

いろいろな力の中で、もっとも強大な力をもつ「心の力」。これの活かし方一つで人生や世界を大きく変えてしまいます。
しかし、心に力があるということを認識している人はごく僅かです。
そして、心は弱いもの、繊細なものと思ってしまう人が殆どです。これも心の一面ではありますが、本当の心には大きな力があります。

心の力については、成蹊学園の「心力歌」の第2章の始めに次のような一説があります。

「心に力ありといへども、養はざれば日に泯(ほろ)ぶ。心に霊ありといへども磨(みが)かざれば日に昏(くら)む」中略「心の力と心の霊と、われに備はるものぞと知らば。これを養ひ磨(みが)くべき、道おのづからここに開けむ。」後略(原文引用)

そうです。大きな力を秘めている心といえども養い、磨かなければその力を発揮しません。
そのために心力舎の舎は「学び舎」となっているのです。
日々心を養い、磨いて、その心を尽くせる仕事であればどのような仕事でも請けていこうというのが当社の基本コンセプトです。
どんなに大きな仕事でも、心を尽くせない仕事は行ないません。

ここにひとつの悩みがあります。心力舎は設立7年を過ぎましたが、いまだにロゴマークが決定しません。これは見えない心を表すロゴがなかなか出来ないからです。
いくつもの案が出来ては消えていきました。目に見えない、しかし確かに存在する「こころ」強くもあり、弱くもある「こころ」これをどう表現するかで立ち往生しています。
「こころ」を強くするためには常に積極的に明るくしていかなければなりませんが、私はそれを「はんなり」という京都の方言が現しているように思います。
「はんなり」優しい響きです。「陽気ではなやか」「上品で明るい」というような意味があります。
こころが常に陽気で、上品なはなやかさがあれば、これはもう最強のこころになること請け合いです。
こんなところをヒントにロゴをあらためて考えていきたいと思っていますが、「はんなり」これ自体がつかみどころの無い言葉ですので、余計に迷路に入っていくかもしれません。

ところで、「はんなり」といえば「京都」、「京都」といえば「舞妓」そんなわけで、次回は「舞妓」いや「京都について考える」と題しまして華やかな心になって書いていきたいと思います。


cpiblog00620 at 19:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 19, 2005

心力舎の名前について考える

前回は横道にそれて大変申しわけありません。

今日は、真剣に「心力舎の名前について考える」と題しまして、当社の名前の由来について考えてみたいと思います。
当社は平成10年1月29日に設立いたしました。
設立50年を迎えた有限会社三浦印刷所から、分離独立する形での設立です。
さて、新会社の名前をどうするか? 
新会社の設立時のメイン事業は出版、ネット事業、環境事業です。
いろいろと社内でも候補を挙げて考えました。その殆どが横文字の会社名です。横文字の会社名は確かにかっこ良く、新鮮な感じがしました。これからは諸外国とも取引が行なわれようになるでしょう。その時のことを考えると、やはり横文字の社名がいいかもしれないと、殆どある名前が決まりかけていました。
しかし、何かが引っかかっています。それが何だか分かりませんが、どうも違うなというもやもやした感じを払拭できません。そうだ原点に戻って当社の設立コンセプトをもう一度考えてみようということになりました。
当社の設立コンセプト。
どんな仕事にも「心を尽くす。」「いやいやながら仕事をしない。」「心を尽くした仕事に勝る仕事はない。」
そうだキーワードは「こころ」だとその時はっと気がつきました。
「心」を社名に入れようと考えた瞬間に「心力舎」という名前が決まりました。

中高校時代には、仏教の教えが色濃く残る芝学園で心の教育を受け、成蹊大学に進んでは生徒手帳に印刷された「心力歌」を唱和し、卒業後は中村天風先生の「運命を拓く」という講演録を何度も読み直していたからです。そして、どのようなものにも「力」がありますが、「心の力」に勝る力はどこにも無いと信じていたからです。

「心力舎(しんりょくしゃ)」という名前を付けたのはいいのですが、名刺を出すと殆どの人から「しんりきしゃ」と読まれてしまいます。
体力、知力、視力、学力、企画力、営業力まだまだあります、跳躍力、財力、引力……など殆ど「力」を「りょく」と読むにも拘らず「心力」だけは「しんりき」と発音されるのは、「心の力」というものが世の中にまだまだ認知されていない為だと思いました。それとも「力道山」(りきどうざん)が有名だったせいかな。
「りき」と読むと何か強そうな感じがしますが、変幻自在に形を変えて強くなったり、時には弱々しくなったりする「心」をどうもきちんと表していないように思います。やはり心の力は「しんりょく」と発音するのがしっくりいくように思います。

さて、「心力舎」の社名の奥深さについては次回「続心力舎の名前について考える」で、御披露したいと思います。


cpiblog00620 at 14:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!