March 09, 2013

「雪合戦」について考える

写真 064写真 072













3月初旬、東京は暖かくなってきた。やっと春が近づいてきたのだ。暖かくなると気持ちもうきうきしてくる。
2日前が嘘のようだ。秋田市と大仙市の大曲地区へ出かけたのが、ほんの2日前。まだまだ雪が要壁のように道路の両側を塞いでいた。それでもここ1週間は雪が降らなかったという。吹雪になると1メートル先も真っ白で見えないというから、ここ1週間は穏やかだということだ。
しかし、私にとってどんよりとした雪雲に覆われた灰色の空と一面の雪景色は見ているだけで震えてくる。とても陰鬱になってくるのだ。

新幹線で盛岡を過ぎると窓の外は真っ白である。一面の銀世界だ。始めは物珍しく雪景色を楽しんでいたのだが、大曲駅で新幹線を降り、奥羽本線に乗り換えたところから、雪国の厳しさが少しずつ見えてきた。
和田駅で待ち合わせ、画家のアトリエへ行く途中、雪下ろしや雪かき、雪害の危険にさらされながら生活していく厳しさを聞いたりしていると、これは雪との戦いだ。雪国の人たちは命を張って毎年雪と合戦をしているのだと実感した。

今年も先月北海道では吹雪の中9名の尊い命が失われた。また毎年雪崩や雪下ろしでの事故で亡くなる人が後を絶たない。これは正しく雪合戦だ。雪と人間との壮大な合戦である。
毎年襲ってくる敵に対して備えをしてもなお、犠牲者が出る。

尖閣諸島に中国船が接近してきたり、北方領土や竹島を実効支配されたりして、国としていざというときの合戦の備えに汲々としているが、東北や北陸、北海道でも毎年合戦をしている。東京の人間にはとても優しそうに見える雪であるが、実は鋭い牙を持つ恐ろしい敵なのだ。もっと雪合戦に対する援助があってもいいのでないかとしみじみと思った。
まさか、雪合戦を雪を丸めて投げ合う程度にしか思ってはいないとは思うが・・・。



cpiblog00620 at 16:31│Comments(1)TrackBack(0)clip!出張雑感 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by シャネル バッグ 新作   December 10, 2013 04:03
“How do you mean, fill it?” asked Lord Lambeth.
シャネル バッグ 新作 http://narasakana.com/img/chanelbags1.php

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔