June 18, 2010

皐月章太郎 3

半年振りに彼と酒を酌み交わした。
古ぼけた黒い表紙のハードカバーのノートを1冊持ってきた。
彼は詩人である。古今東西の名言や自分の心に沁みた言葉をそのノートに書き込んでいる。
何度かそのノートを見たことがあるが、中を覗いたことはあまり無かった。
酔いもだいぶまわってきた頃、そのノートをめくり大きな声で詩を読み始めた。最初はどこかで聞いたことがあるなと思っていたが、すぐに思い出した。そうだ社会人になりたての頃、彼のアパートでよく口ずさんだ詩だ。口ずさんだと言えば聞こえはいいが、暗記していたその詩を酔いにまかせて怒鳴っていたのだ。
昭和50年、日本は元気だった。

すっかり忘れていたその詩を彼が読み始めたので、びっくりした。
「今日の酒は楽しいな。こういうときにはこの詩だ。お前も思い出したろう。」そんなことを言いながら読んだ。

「酒の詩集」の中にある「楽しむ酒」だ。

  とにかく酒がうまいんじゃ 飲めば酒奴(さけめ)もよろこぶぞ
  とにかく互いに気が合うて 一杯一杯また一杯
  そろそろ天にも昇るよう 女もキレイに見えてきた

  縄ノレンでも御殿でも 座ったところが俺の城
  一杯一杯また一杯 酒を相手にごきげんだ
  とにかくこの世はバラ色で ゆめかうつつかまぼろしか
  
  ゆめかうつつかまぼろしか それはどうやら知らないが
  とにかく友達恋しいね 恋しい友が前におり
  キレイな女がそばにおり 心はずんで気は浮くか

  浮けばステテコシャンシャンで ひとり歌えばいい気分
  ふたりで歌えばデュエットで 三人歌えばトリオかな
  他人の耳には騒音も 酔うた耳には天の楽

  雑然騒然うるさいが 酔うた耳にはしずかなり
  互いにしゃべる名論も いすかの嘴のくいちがい
  相手の論など聞いていぬ おれの論のみ世を満たす

  おのれは宇宙一杯に むくむく広がる気持ちして
  ほかの奴らは気にならぬ 宇宙一杯の化物が
  一人二人 三四人 一杯二杯 三四杯

  のめばのむほど喉かわき 酒が酒をば呼んでいる
  腹の中には酒の虫 頭の中には酔いの虫
  虫が好いたる良い男 揃い揃うて飲んでいる

  帰りたいやつ帰りゆけ 倒れたいやつ倒れ伏せ
  でっかいでっかい酒虫を 飼うたる奴はまだものめ
  のんでのんでまたのんで 歌うておれば太平じゃ


cpiblog00620 at 13:29│Comments(3)TrackBack(0)clip!皐月章太郎 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by buy website traffic   September 19, 2014 16:30
浮けばステテコシャンシャンで ひとり歌えばいい気分
  ふたりで歌えばデュエットで 三人歌えばトリオかな
  他人の耳には騒音も 酔うた耳には天の楽
2. Posted by rolex replica   May 07, 2015 20:33
3 ロレックス再生はまだ人気があります。ロレックス再生の職人技の活性は理由彼らの魅力がたくさんあります。電子の動きと比較して、機械式時計は、多くの場合、一日あたりの秒の誤差で、間違っています。彼らは、位置や温度に頻繁に敏感である、彼らは、彼らは定期的なメンテナンスや調整が必要になる場合があります生成するために高価であり、彼らは障害になりやすいです。
3. Posted by breitling replica uk   May 07, 2015 20:39
3
初めに、ブライトリング再生当社は、本当に企業として成長するために必要な通知を得るために闘争のビットを持っていました。確かに、極端なスポーツ愛好家には人気を集めたが、彼らはまだルミノックスが必要な消費者市場に到達することができません。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔