December 31, 2009

2009年「年末」について考える

今年も12月31日が来た。

テレビや新聞ではこの1年の重大ニュースを特集している。
今年も多くのことがあった。多くの人が鬼籍に入った。毎年のことであるが、年末には皆今年を振り返り、来年に向けて希望を燃やす。今年が最高だったと思う人は少ない。ほとんどの人が来年は今年以上にいい年でありますようにと念じている。これは今年ばかりではない。毎年同じ気持ちになる。

人は、必ずといっていいほど未来に希望を託す。それは、未来に希望がなければ生きていけないからである。どんな状況であっても、人は希望を持っている限り生きていける。
なぜ、こんなことを年末に思ったのか? それは年末にかけてあまりにも自殺者が多かったからである。電車に乗るたびに、どこどこで人身事故のため電車が遅れるとアナウンスがある。人身事故と曖昧に表現しているが、実際はほとんど飛び込み自殺であろう。
年末に暗い話で恐縮であるが、来年に向けてどうしても考えてしまうのが、勇気と希望である。
お金がなくても、名誉がなくても、孤独であっても、勇気があれば希望が持てる。希望を持てれば未来が開ける。未来があれば前に進める。前に進めば人生が躍動してくるはずだ。

勇気というのは、心の冒険から湧いてくる。
冒険を行うには、力が必要である。それも心の力である。
挫折しそうな心を立ち直らせる心の力だ。
実は、誰の心にも大きな力があるのだが、それに気づいていない。

そうだ、「心に力ありといえども、養なわざれば、日に泯(ほろ)ぶ。心に霊ありといえども、磨かざれば日に昏(くら)む」と言われている。
来年は、心を養い、心を磨いて充実した1年を過ごそうと年末に改めて想う。


cpiblog00620 at 11:09│Comments(1)TrackBack(0)clip!雑感 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by rolex replica watches   March 17, 2015 14:26
3 それは年末りにも自殺者が多かにかけてあまったからで

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔