April 11, 2009

隅田川の桜

先日、桜が満開だというので押上の帰り道に隅田川の桜を見に行った。
両岸の桜並木が壮快である。川岸に座り、途中で仕入れた焼きトンと缶ビールでお花見としゃれ込んだ。

この季節桜の名所はどこも人の波である。飲めや歌えの大騒ぎである。徹夜で場所取りをする酔狂者まで出る始末だ。それがどうだろう。花が咲く前はただの並木である。誰も注目などしない。せいぜい「桜が咲く頃には素晴らしい景色になるのでしょうね」と言われるくらいである。また、賑やかだっただけに花が散った後は人影もなく寂しさもひとしおである。

花が人を呼ぶのか? 人が集まるから花が咲き競うのか? 桜には不思議な力がある。
しかし、いくら桜に力があるといっても花が咲かなければ人は集まらない。花を咲かす。何がなんでも花を咲かす。花の咲かない木の下には誰も集まらない。

母校の名の由来と同じである。
「桃李不言下自成蹊」(桃李ものいはざれども、下おのづから蹊を成す)
「桃や李(すもも)は、口に出してものを言うわけではないが、美しい花やおいしい実があるから自然と人がやって来て、そこに小道(蹊)ができる。つまり、桃や李は、人格のある人のたとえで、そういう徳のある人には、その徳を慕って人々が集まってくる。」

「花のある桜」や「桃李」のように黙っていても人が集まる。そういう指導者が政治の世界にも、経済の世界にも、教育の世界にもどれだけいるのか? 今の日本、甚だ心もとないと感じてしまう。


cpiblog00620 at 15:51│Comments(1)TrackBack(0)clip!雑感 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by rolex replica sale   January 09, 2017 17:11
今の日本、甚だ心もとないと感じてしまう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔