February 11, 2009

神田明神


今年のお正月に初めて神田明神へお参りに行った。
いつもは芝の増上寺と芝神明そして地元の鮫洲神社へお参りするのが恒例であったが、今年はそれに加えて神田明神へ足を運んだ。
神田明神は言わずと知れた商売繁盛の神社である。
昨年からの大不況を乗り切ろうとの願いからである。やはり神頼みは欠かせない。

年明けから2週間経っていたが、神田明神は相変わらず混雑していた。神頼みの人たちが多いのだ。神社やお寺にお参りするとなぜか心が落ち着く。打算だけでなく素直に手を合わせてお願いをする。
いや待てよ、「神仏は頼むにあらず、敬うのみ」という宮本武蔵の言葉が頭を過る。生死を賭けた戦いの前には自分の力を信ずるのみであり、神仏に頼むこと自体心の弱さを露呈してしまう。そうだ頼むのではなく、見守ってもらう。それでなくては他力本願になってしまう。再度手を合わせ直して自分の力で乗り切ることを誓った。

すると福々しく笑顔の大黒様の姿が輝いて見えた。
大黒様

cpiblog00620 at 21:01│Comments(2)TrackBack(0)clip!雑感 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by tag replica sale   January 23, 2015 17:22
すると福々しく笑顔の大黒様の姿が輝いて見えた。
2. Posted by hublot replica sale   March 17, 2015 14:27
2 武蔵の言葉がけた戦いの前には自分頭を過る。生死を賭の

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔