February 08, 2009

「Yes we can! 」について考える

オバマキャップ
アメリカ在住の友人から小さな荷物が送られてきた。
あけてみると帽子(キャップ)が一つ入っていた。オバマ氏の大統領記念に作られた帽子である。突然のことで首を傾げたが、一枚のメモが付いていたので納得した。
そのメモには、Yes we can! Yes we can! がんばりましょう。と書いてあった。
そうかアメリカにいる彼女も厳しい生活を送っている。私の窮状も知っているので、励ましのために送ってくれたのだ。
日本人にいま大切なのは、アメリカと同じように「私たちはこの不況を乗り切れる」というYes we can! なのだ。
愚痴ばかり言っていてもしょうがない。自分の気も滅入るが、他人にも嫌な思いをさせる。
どんなときにも気の持ちよう一つである。

「われを苦しめしもわがが心、われを救うのもまたわが心。これあるが為にわれ悩めど、これあるが故にわれひとり尊し」(心力歌より)

タイミングよく送られてきたYes we can! に感謝である。


cpiblog00620 at 13:04│Comments(0)TrackBack(0)clip!雑感 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔