May 13, 2005

桜を追いかけて東北へ2

9921c3ae.JPG昨日は奥入瀬渓流の川畔にあるホテルへ泊まった。
高原の朝はとても気持ちがいい。朝食のあとは奥入瀬渓流をツアー全員で散策することにした。深山の中、渓流のあちこちに大小の滝が多くある。私たちは白糸の滝から銚子大滝までの2kmを専門のボランティアガイドの同行で歩いた。まだ新緑には早かったが、二輪草の白い花が印象的であった。朝早くからボランティアの人たちが渓流を案内してくれる。昨日の駒街道でもそうであったが、自分たちの故郷をとても愛していることが分かる。遠くから来た旅の人、たぶん二度と会うことが無いかもしれない人たちに一所懸命奥入瀬渓流の説明をしてくれる。心から故郷を愛しているということが伝わってくる。こういう人たちがいる限り奥入瀬の自然は守られるだろうと思った。

さあ今日のメインは弘前公園の桜だ。わくわくしながらバスへ乗り込み、昨日遊覧した十和田湖の畔を抜けて発荷峠へ。八甲田山を眺めながらの峠越えであったが、まだ残雪が深くところにより70〜80cmは雪が残っていた。
東北自動車道に入って気がつくと、美しい姿の岩木山が雪化粧で目に飛び込んできた。
雪化粧は岩木山から八幡平へと続く。外は暖かく春爛漫。そして遠くに雪景色、そしてもうすぐ桜の公園だ。

連休ということもあり、弘前公園に近づくと渋滞で車が動かない。歩いた方が早いかもしれないと思いながらいらいらしているうちにやっと外堀の桜並木が見えてきた。
外堀はほぼ満開のようだ。先程深い残雪を見てきたばかりだが、ここはもう春真っ盛りである。桜を見ているとなぜこんなにわくわくしてくるのだろう。
「ねぶた村」にバスを止め外堀の桜並木の下を通って弘前公園に入る。いやーすごい人だ。弘前市の人口は19万人という。きっとそれの何倍かの人たちが春になるとここ弘前公園を訪れるのだろう。

天守閣が聳える弘前城跡の公園内には2700本の桜が7分咲きで咲き乱れていた。外堀にある桜より少し開花が遅かったのか、満開とは行かなかったが見事な桜である。
天気もいい、桜もきれいだ。公園内をゆっくり桜を眺めながら歩いた。もう少し時間があればここで昼寝でもしてみたい気分だ。横になって下から眺める桜も空の青さとマッチして綺麗だろうな。そんなことを思いながら後ろ髪を引かれる思いでバスに戻った。
さあ、今日はつなぎ温泉に宿をとって、いよいよ明日は桜紀行のしめくくり、秋田県は角館の桜のトンネルだ。


cpiblog00620 at 19:19│Comments(0)TrackBack(3)clip!旅行記 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 桜特集その2(角館)  [ EOS20Dで遊ぼう!/写真ブログ ]   May 17, 2005 12:37
今日の写真(EOS20Dで撮影)は、桜特集その2(角館)として、「桜のトンネル」と、「色とりどりの桜」です。 「桜のトンネル」 道路の両脇にソメイヨシノはよく見ますが、ここは、土手の散歩道がトンネルになっています。 人が横行する中、かなり粘ってなんとかこの写
2. 桜特集その2(角館)  [ EOS20Dで遊ぼう!/写真ブログ ]   May 17, 2005 12:46
今日の写真(EOS20Dで撮影)は、桜特集その2(角館)として、「桜のトンネル」と、「色とりどりの桜」です。 「桜のトンネル」 道路の両脇にソメイヨシノはよく見ますが、ここは、土手の散歩道がトンネルになっています。 人が横行する中、かなり粘ってなんとかこの写
3. 桜特集その2(角館)  [ EOS20Dで遊ぼう!/写真ブログ ]   May 17, 2005 12:56
今日の写真(EOS20Dで撮影)は、桜特集その2(角館)として、「桜のトンネル」と、「色とりどりの桜」です。 「桜のトンネル」 道路の両脇にソメイヨシノはよく見ますが、ここは、土手の散歩道がトンネルになっています。 人が横行する中、かなり粘ってなんとかこの写

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔